読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

graphics.hatenablog.com

テクニカルアーティストの技術を書き殴るためのメモ帳

High-Performance Software Rasterization on GPUs (3)

(続き)


実験概要

f:id:hal1932:20120606220706j:plain

  • 比較対象
    • OpenGL で書いたパイプライン
    • FreePipe
  • フォーマット
    • POSITION: FLOAT_32_32_32_32
    • COLOR: FLOAT_32_32_32_32
    • 頂点インデクス: UINT_32
    • カラーバッファ: FLOAT_8_8_8_8
    • デプスバッファ: FLOAT_32
  • その他
    • 背面カリングあり
    • 1つのシーンにつき5箇所にカメラを置いて平均値を計測
    • 頂点シェーダの処理は計測しない
    • 単純なグーローシェーディング


実験結果

頂点数と解像度について
f:id:hal1932:20120606221222j:plain

  • ハードウェア(OpenGL)
    • フラグメント処理に比べると、頂点処理の計算量に影響されやすい
      • 頂点フェッチ、トライアングルセットアップ
    • 解像度にはあまり影響されない
  • cudaraster
    • フラグメント処理に比べると、頂点処理の計算量に影響されにくい
    • 解像度に強く影響される
      • フィルレート
  • FreePipe
    • いまいちロードバランスできてない
      • フラグメント処理を三角形単位で分散してる

描画モードと MSAA について
f:id:hal1932:20120606224340j:plain

  • ハードウェア(OpenGL)
    • MSAA のコストが超低い
    • カラー書き込み無しにしてもあまり変わらない
  • cudaraster
    • MSAA のコストが超高い
    • カラー書き込み無しにするとだいぶ速くなる
      • 三角形の重心平面の計算、頂点属性の補間

cudaraster の各ステージついて
f:id:hal1932:20120606230125j:plain
1024x768 固定
MSAA なし
アルファブレンドなし
デプステストあり

  • 三角形の個数に影響うけすぎ
    • SAN MIGEL のトライアングルセットアップが重い
      • 他はだいたい Fine raster が一番重い
    • SAN MIGEL の三角形データがメモリ食い過ぎ
      • Bin raster 以降は三角形の ID(u32) しか持ってないからまだマシ
  • カリングはバカにならない
    • 1px 未満の三角形を捨てるが予想以上にでかい
  • いまいちスレッドを使いきれてない感がある
    • 三角形・フラグメント 32 個ごとにバッチ起動
    • Tri/tile と Frags/tile が 32 の倍数だと、100% 使い切れてることになる


(続く)