graphics.hatenablog.com

テクニカルアーティストの技術を書き殴るためのメモ帳

Physics and Math of Shading (4')

最終回 のおまけ。
Blinn-Phong を正規化するときの計算、途中式も込みで。


f:id:hal1932:20131103021928j:plain

これだと正規化項の分母が (1+α) になっててちょっと違う感じがするけど、あとでコサイン項(マイクロファセットのプロジェクション)を掛けると (2+α) にしたのと同じになる。Realtime-Rendering とかに載ってるのは、このあとで掛けるほうの式を一緒に計算した結果の式。